ステイ先で会ったカナダの人たちはみな大らかでした

カナダには仕事で数回行った程度ですが出張中にカナダ人の旅行者と短い交流をもったことは何度かあって、そのたびにカナダという国の印象が良くなっていきました。最初に会話をしたのは、イギリス旅行中、観光列車でのあり合わせたご家族です。大男のお父さんと、ショートカットの小柄なお母さん、まだ就学前の男の子と女の子。お子さん二人はお人形のようにかわいい!ご家族でひと月の予定でイギリスを回るんだそうです。「ひと月なんて、ショートステイよ!」とおっしゃっていて、羨ましくもあったし、ひと月の旅行を短いと言えるおおらかさが印象に残りました。

子連れでひと月海外旅行。日本ではなかなか考えられません。次に会ったのは、長距離バスで知り合ったご高齢のご夫婦です。ふたりとも大きなバックパックをかかえておられて、引退後あちこち旅行しているんだとか。その前年はアジア方面を旅行してミャンマーにも行ったそうで、ミャンマーは人が親切で食べ物もおいしいススメの国だそうです。かなりの年齢に思えたし、それほど体力があるようにも見えなかったのですが、気持ちはパワフル。歳をとってもこうありたいと思いました。カナダを訪れた知人の話によると、列車で移動していても、延々と同じ景色が続くので眠くなったそうです。広くて平らな国土そのものが日本とは全然違う国なんですね。

何度かカナダに滞在していますが旅行や観光業に従事している方では日本語が話せる方も見られますし、どうみても日本人な方もいます。旅行だけでなく仕事での滞在でも気兼ねなく過ごす事ができます。