カナダの国を挙げての資源経済への取組に関心

canada-jumpナイアガラの滝に行きました。ニューヨークの北部の町から車でぶっとばして6時間ぐらいかかったでしょうか。ついてみると平日だったせいで、そんなに人混みは多くはありませんでした。ナイアガラフォールは滝というよりは地の裂け目ですね、地面が割れて膨大な水が流れ落ち、あたりに爆音を響かせていました。それからレインボーブリッジを歩いてカナダに入国しました。思ったより簡単に入国で来て拍子抜けでした。またアメリカとカナダの密接な関係を実感しました。

スカイロンタワーや高層ホテルが多くて、レストランやショッピングセンターの質量ともにアメリカ側を上回っていました。カナダは大自然が売りの国と思い込んでいましたが、ここに来るとアメリカ側よりもエンターテイメント性というものを意識していた様な気がします。またナイアガラフォールの風景や迫力はアメリカ側より見ごたえがあり、力強く感じました。

ナイアガラフォールの周りには多くの虹が発生して、何枚もカメラで同じような写真を撮り続けました。観光客もカナダ側の方が多くやっぱり観光というものに国を挙げて取り組んでいることは良く理解できました。カナダはまだ大自然の国、資源国というイメージが強いですが、潜在能力はアメリカに匹敵するものを持ってる気がします。

この資源を目当てに日本はカナダとの関係を緊密になるように勧めています。日本の商社などの企業も架け橋になるべくビジネスを展開しています。商社はカナダだけでなく世界中にネットワークを構築しています。今では私も商社マンとして世界中を駆け巡るようになりました。

商社でも貿易でもその他の職業でも働く為にはまず求人を探さなくてはいけません。そこでおすすめの情報ページを掲載しておきます。
「カナダ求人サイトの選び方」というサイトですが、求人にも様々な違いがあり日本人が就職しやすい仕事とそうでない仕事、また契約形態などもチェックすべきなので事前に知識を得ておくことをおすすめします。